医療・介護 学生の為の語呂合わせ

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・鍼灸師
等々の悩み多き医療系・介護系学生に贈る語呂合わせ集(?)のご案内

 HOME運動学・リハビリテーション医学・整形外科学・柔道整復学

運動学・リハビリテーション医学・整形外科学・柔道整復学

介達牽引法の特徴

すぐに挽回
す→スピードトラック牽引
ぐ→グリソン牽引
挽→絆創膏牽引
回→介達牽引法

橈骨神経麻痺の装具

父さんはおとこ
父さん→橈骨神経麻痺
お→オッペンハイム
と→トーマス
こ→コックアップスプリント

側彎症のコルセット

側彎症、伸ばして みると大きいな
側彎症→側彎症
みると大きいな→ミルウォーキーブレース

仙腸関節の検査法

ニュートン船長
ニュートン→ニュートンテスト
船長→仙腸関節

腰痛症の装具の特徴

夜はダメよ。
夜→ナイト型
ダメ→ダーメンコルセット

「夜がダメ」=「腰が痛い!!」という無理のある、こじつけです。

脳性小児麻痺の特徴

ボボができないのう。
ボ→ボバース法
ボ→ボイタ法
のう→脳性小児麻痺

ボボの意味は「 九州 ボボ 」で調べると出てくるかと・・。
しかし、気分を害しても責任は持てません(汗)

テニス肘の検査法

テニス肘ならちょっと中止
テニス肘→テニス肘
ちょ→チェアーテスト
っと→トムゼンテスト
中止→中指伸展テスト

胸郭出口症候群の検査法

胸出してアレ盛り上げるエライ人
胸出し→胸郭出口症候群
アレ→アレン
盛り→モーリー
上→アドソン
エ→エデン
ライ→ライト

斜角筋症候群の検査法

借金返して、ああ、もう春
借金→斜角筋症候群
あ→アレン
あ→アドソン
もう→モーリー
ハル→ハルステッドテスト

乳幼児の発達

ゴロゴロ寝返り、みくびって笑う
ゴロゴロ寝返り→5~6ヶ月で寝返りをうつ
みくび→3ヶ月で首が座る

支えなく座れる。
なく→7ヶ月
支えなく座れるのは約7ヶ月です。

赤ちゃんのハイハイ
ハ→8ヶ月
赤ちゃんのハイハイは約8ヶ月です。

戸に掴まり立つ
戸→10ヶ月
掴まり立つ→掴まって立つ

手の変形

わしゃ、かとうまさる
わ→鷲手
しゃ→尺骨神経麻痺
か→下垂手
とう→橈骨神経麻痺
ま→正中神経
さる→猿手

又は、わしゃ、かとうさるまさ
わ→鷲手
しゃ→尺骨神経麻痺
か→下垂手
とう→橈骨神経麻痺
さる→猿手
まさ→正中神経

膝関節の屈曲時の運動

曲がり角、コロコロ滑る
曲がり→屈曲運動時
コロコロ→ころがり運動
滑る→滑り運動

膝関節の屈曲時には、ころがり→滑り運動の順で屈曲します。

筋肉支配の特徴

アラフォーは外出し。中出しは我慢
アラフォー→α運動ニューロン
外→錐外筋
中→錐内筋
我慢→γ運動ニューロン

体が変化する疾病

ナンシーの体毛
ナン→軟骨無形成症
シー→四肢短縮型
体→体幹短縮型
毛→モルキオ病

又は、女体盛り、なんでしたん?
体→体幹短縮型
盛り→モルキオ病
なん→軟骨無形成症
した→四肢短縮型

人体のテコ

シャカリキ
シ→支点(第1のテコ)
カ→荷重点(第2のテコ)
リキ→力点(第3のテコ)

支点→荷重点→力点の順番で、真ん中に来ます。

阻血の5P

そうとう、ま近くな拍動
そう→蒼白
とう→疼痛
ま→麻痺
近く→知覚異常
拍動→拍動消失

又は、相当、ウンチ吐く
相→蒼白
当→疼痛
ウン→運動麻痺
チ→知覚異常
吐く→拍動消失

片麻痺患者の服を着る順番

脱健着患
脱→脱ぐ
健→健側
着→着る
患→患側

または、悪い方が長く着る。
で、覚えておきましょう。

片麻痺患者等の階段昇降の際の足の順番

行きはヨイヨイ。帰りはワルイ。
行き→良い足から上げる。
帰り→悪い足から下げる。

または、良い足が常に上にある。
で、覚えていけるかと・・。

人体のテコの考え方

語呂ではないんですが・・
第2のテコのチェック→第2のテコは腕橈骨筋or下腿三頭筋のみ。
第1のテコのチェック→関節運動がないもの(釣り合っているもの)
第3のテコのチェック→人体適応例が多く、第2と第1のテコ以外のもの

をあてはめていけば、きっと問題は解ける・・かも?です。


ページのトップへ戻る